保有技術

空調機器点検

平成27年4月1日にフロン排出抑制法が施行されました。

業務用エアコン及び業務用冷凍冷蔵庫(以下、第一種特定製品)に冷媒として使用されているフロン類の取扱いについて規制するフロン回収・破壊法が改正されました(平成27年4月1日施行)。

当社は法律概要の細かいご説明から点検・記録・報告まで一貫して対応をさせていただきます。 対象機器の有無の判断も含めてさせていただくことで点検漏れや報告漏れも防ぎます。

フロン排出抑制法

第一種特定製品の管理者(ユーザー)は機器の使用時に以下の取り組みが求められます。

簡易点検
対象機器・・・『全ての第一種特定製品』
点検頻度・・・『3カ月に1回以上』
点検方法・・・『目視による外観点検』
定期点検
点検者・・・・『十分な知見を有する者』
対象機器・・・『圧縮機定格出力7.5kw以上の第一種特定製品』
点検頻度・・・
エアコン/7.5kw以上50kw未満 『3年に1回』
エアコン/50kw以上 『1年に1回』
冷凍冷蔵機器/7.5kw以上 『1年に1回』

第一種特定製品とは?

業務用エアコンディショナー及び冷凍冷蔵機器であって、冷媒としてフロン類が充てんされているものです。例)店舗オフィス用エアコン、ビル用マルチエアコン、設備・工場用エアコン、ターボ冷凍機、自動販売機、ショーケース、製氷機等